不動産売却ガイド大阪編

大阪で不動産売却を検討するすべての人に

不動産売却ガイドTOP(大阪の不動産買取業者5選) » 不動産売却をする人の必須情報 » 売りやすいタイミング

売りやすいタイミング

売却のタイミング(時期)を計るテクニック

不動産をいつ売却すればいいのかは永遠のテーマでしょう。最も良い時期を計るためのテクニックを紹介しますので、ぜひあなたの不動産の今を計ってみてください。まず、適切な時期を知るには、その不動産に関わる3つの条件について熟知しておくことが大切です。

  • 自分自身と売りたい不動産の状況
  • 不動産のターゲットとなりうる買手の状況
  • 世相や景気などの社会の状況

つまり、

『なぜいつまでもどうして売りたいのか』を確認して
『売りたい家はどんな家なのか』を的確に把握する

そして

『ターゲットはどんな人か』を明確にし
『相手が買いたい時期を予測』して『ポイントを抑えた』告知をする

さらに

『社会情勢の変動より少し早めに』アクションを開始する

ということがおのずと見えてくるでしょう。不動産の売却を考えている人のほとんどは、少しでも条件よく売りたいというのが本音です。自分が望んでいる結果を引き出すためには、まず自分によっての良いタイミングの見極めを正確に判断することが重要なのです。

売却の時期を見極めるには、キャッシュフローの概念が大切

キャッシュフローという言葉を知っている人はそれほど多くないかもしれません。不動産を語るとき、キャッシュフローの概念を知っておくととても便利です。

キャッシュフローとは、お金の流れのこと。不動産でいえば、手持ちの物件を今売った場合と数年後に売った場合では、それぞれどれだけのお金が手元に残るのかを試算したものと考えるとわかりやすいですね。

不動産を売るときに決められる売却価格について考えてみましょう。今売る場合と数年後に売る場合では当然売却価格は安くなります。またローンが残っているケースも少なくありませんし、不動産の売却にはさまざまな経費がかかることも忘れてはいけません。

今と数年後の売却価格にばかり目を向けて早く売った方が高く売れると誤解してしまう人も少なくありませんが、実際には利回りやローンの償却分を加味して計算すると、数年後に売却した方が利益が増えていることがあるのです。

このキャッシュフローをしっかり算出したうえでいつ売却すればいいかを決めるのが得策というものです。

お金の価値はその時によって変わります。価額が高騰している今の時期に売却するのは考え物だという声も聞かれます。また金利や融資条件、保有している不動産管理にかかる諸経費の可能性などさまざまな視点を検討することによって最適な売却のタイミングを計ることができるといえるでしょう。

簡単・賢く売却できる大阪の専門会社5選詳しくはこちら
ページの先頭へ