不動産売却ガイド大阪編

大阪で不動産売却を検討するすべての人に

不動産売却ガイドTOP(大阪の不動産買取業者5選) » 不動産売却をする人の必須情報 » 不動産売却をする際にリフォームは必要?

不動産売却をする際にリフォームは必要?

不動産を売却する際、事前にリフォームを行おうか迷っていませんか?実はリフォームを行わない方が良い場合もあります。ここでは不動産売却のリフォームについて解説します。リフォームをする前に参考にしてくださいね。


安易なリフォームはNG!


不動産を売却するときに、リフォームを行った方が良いとは言い切れません。不動産を探す際に、自分たちの住みやすいデザインに変更したいという方が多いからです。すみたい家の形は、人によってさまざま。そのため事前リフォームは慎重に検討するようにしましょう。


リフォームしても高値売却できる訳ではない


売る側とすると、中古の不動産物件なら綺麗な方が高く売れるだろうと考えてしまう方が多いでしょう。一方、買う側の考えは、全く違うことが多々あります。それは、見えない部分の不具合を心配してしまうからです。


つまり外観をいくら綺麗にしても、買う側は築年数などを基準に考えてしまうでしょう。一般的に築20年程度の物件であれば、価格価値はゼロになるように評価されると言われています。完璧なリフォームで綺麗な印象を与えたとしても、かえって目に見えない部分の劣化に対して不安を与える恐れがあるでしょう。


リノベーション物件としての提案も


あえてリフォームをしないという考え方もあります。それはリノベーションを希望する人が増えてきているからです。リノベーションとは工事規模が大きく、間取り変更や設備の移動などを行うことです。さらに新築以上の新たな機能を持たせることもあります。


買い手側が自分の過ごしやすい空間を作りたいと考えている場合、購入後にリノベーションを希望するケースがあります。このケースの場合、ベースとなる間取りや構造躯体を重視した物件を選択しているでしょう。そのためリフォームが無駄になってしまう可能性があります。


買い手側の希望価格に近づけることができる


買う側は、少しでも安く買いたいと考えるでしょう。しかしリフォームした物件なら、リフォームにかかった費用も上乗せして売りたいはず。そうなれば、価格設定がどんどん跳ね上がってしまうでしょう。


その結果、なかなか買い手がつかない恐れもあります。できる限り価格を上げすぎないよう、適正価格を設定するようにしましょう。


高額に販売するためにクリーニングを行いましょう


リフォームをしなくても、自分でできる範囲綺麗に保つことは大切です。散らかり、汚れたような物件は、なかなか買い手がつかないでしょう。


例えばタバコやペットなどによって汚れた壁紙やキズがついたフロアなど、目につきやすい部分を小規模で修繕するのもおすすめです。比較的清潔でキレイな印象になり、内覧に見に来た人に対し、好印象を与える事ができます。


また家具やインテリアなどをコーディネートするのも良いでしょう。モデルルームのような印象を与えることができます。部屋を広く演出する効果も期待できるでしょう。


信頼できる不動産会社に相談してください


もちろんリフォームを行った方が良いケースもあります。たとえば水回りなどは、比較的綺麗にしていた方が良いでしょう。しかし自己判断でリフォームをするか否かを決めるのは難しいです。そのため信頼のできる不動産会社に相談するようにしてくださいね。専門家のアドバイスをもらいながら、ベストな不動産売却を行いましょう。

簡単・賢く売却できる大阪の専門会社5選詳しくはこちら
ページの先頭へ