不動産売却ガイド大阪編

大阪で不動産売却を検討するすべての人に

不動産売却ガイドTOP(大阪の不動産買取業者5選) » 不動産売却をする人の必須情報 » 不動産売却の理由

不動産売却の理由

売却しにくい不動産の特徴

不動産売却なんてよほどの事情がない限り行わないものだ、と考える人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。マンションでもアパートでも一戸建てでも、様々な事情で不動産を手放すことになった人はいます。しかも、売却の理由は一つではなく複数あるのです。ここではその複数ある不動産売却の理由を紹介します。

経済的な理由 

不動産を売却する理由の一つは経済的な問題です。ここではその経済的な理由について3つのケースを紹介します。

資金調達が必要になったから

不動産売却の理由の中で最もオーソドックスなものは、資金が必要になったから、というものです。資金が必要になる理由は様々ですが、ポケットマネーでは足りないほどの高額資金が必要になったとき、不動産を売却して調達するのはよくあること。なぜなら、不動産を売却すればまとまったお金が手に入るからです。

投機的に今が売り時だと判断した 

投機目的で不動産を購入した人は、不動産の時価が購入価格を上回ったときに、売却する理由が生じます。なぜならそのタイミングで売れば、売買差益を得ることができるから。不動産を居住目的で購入した人にとっては無縁の話ですが、投機目的で不動産を購入した人にとっては当然売却する理由になります。

相続税の納税資金を得るため 

両親などから住居を相続した子供が、相続税の資金を得るために相続した住居を売却することもあります。相続した家にそのまま住む場合は売却しません。が、すでに自分の住まいを持っていて、なおかつ納税資金を工面できない場合には、相続した住居を売却して資金を得ようとする動機が生まれます。

家庭的な理由 

経済的な理由があるなら、家庭的な理由もあります。「ライフスタイルの変化」「転勤や転校」「家族構成の変化」と、ここでも3つの事例を紹介します。

ライフスタイルの実現のため

不動産とライフスタイルの関係は密接ですが、その中で、ライフスタイルが変化したことで、より良い住まいを手に入れたいと考えるようになる人もいます。そういう人は現在所有している住居を維持するよりも、ライフスタイルの実現のために住居を売却しようとするでしょう。

転勤や転校で家族全員が引っ越すことになった

会社を転勤になったり子供が遠くの学校へ転校することになり、それに合わせて家を売却して引っ越すというケースも。転勤や転校するのが一人だけの場合は売却までは考えないかもしれませんが、家族の全員が現在の土地を離れるという場合は、家を売却して処分することは十分ありえます。

子どもが独立したため(家族構成の変化) 

「子供が全員独立して家を出て行き、夫婦二人だけでは広い家を持て余すようになった」あるいは「管理するのが難しくなってきた」という理由で、売却を決心するケースもあります。購入当初は家族全員で家を使っていましたが、子供の独立という家族構成の変化により、家の利用価値が薄れてきたというパターンです。このような状況で売却を決める人は少なくありません。

売り手にとっても買い手にとっても売却理由は重要 

マンションであれ一戸建てであれ、不動産の売却理由はとても重要なポイント。なぜなら、不動産の買い手は売却理由を知ることによって、その不動産の実質的な価値を推しはかったり、価格交渉に生かすことができるからです。

一方、不動産の売り手からすると、売却理由を鮮明にすることで物件に対する信頼性が高まり、買い手が付きやすくなります。このように不動産売却の理由は、売り手にとっても買い手にとっても重要な問題です。

大阪の不動産売却の相場を見てみる

大阪の不動産売却スピード早見表
会社名 売却スピード
クリエイト大阪 最短当日に現金化
三井のリハウス 最短1カ月ほど
住友不動産販売 最短1カ月ほど
簡単・賢く売却できる大阪の専門会社5選詳しくはこちら
ページの先頭へ