不動産売却ガイド大阪編

大阪で不動産売却を検討するすべての人に

不動産売却ガイドTOP(大阪の不動産買取業者5選) » 不動産売却をする人の必須情報 » 仲介と買取の違い

仲介と買取の違い

2種類ある不動産の売り方

不動産売却の方法には、買取と仲介の2つの方法があります。それぞれの概要とメリットデメリットについてわかりやすく説明しましょう。どちらを選択すればより高い成果が期待できるのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

買取

簡単に言えば、売主(あなた)と買主(不動産会社)の直接売買です。買ってくれる相手が、その物件を希望する個人ではなく、不動産屋さんと考えるといいでしょう。

仲介

売主(あなた)と買主(購入希望者)の間に入って、交渉や手続き、調整などをしてくれるのが仲介。一般的には売却価格×3%+6万円(消費税別)の費用を、仲介業者に手数料として支払います。

買取と仲介のメリットデメリットとは

買取と仲介ではそれぞれにメリットデメリットがあります。具体的に紹介しましょう。

買取のメリット

  • 広告や宣伝がいらない
  • すぐに売却できる
  • 仲介手数料が0円だから、実質的に高く売れることになる
  • 適正価格で買取してくれるためマイナスは少ない

買取のデメリット

  • 買取価格が仲介より低くなりがち(業者による)

仲介のメリット

  • 広告や宣伝をしてくれる
  • 面倒な手続きや交渉を代行してくれる
  • 売却価格は買取より高くなる傾向にある

仲介のデメリット

  • 売却価格に応じた仲介手数料が、かなり高くつくことが多い
  • 購入希望者がなかなか見つからず長期化することがある

結論としてどちらが得か

売却を考えている売主は、少しでも早く売りたいという気持ちが本音でしょう。価格だけを見れば仲介の方が高く見えるかもしれません。

ただし冷静に考えると、仲介には必ず『仲介手数料』なるものが発生します。そのため売却が決まって支払う段階になりようやく支払いの多さに気付く人も多いといえます。

対して、買取では買い取った不動産会社は、基本的に転売を目的として買い取ります。ただし、その物件の条件に合わせた相場価格で計算された、「適正価格」で買取されることがほとんど。

一見すると仲介の価格よりやや安く感じるかもしれません。ですが、買取の場合には高額の仲介手数料が発生しないため、むしろ手元に残る額が仲介より多くなるケースもあるのです。どちらが自分にとってはメリットが大きいのかを良く考えてみましょう。

仲介をお勧めする人

  • 売値重視で時間はいくらかかってもいい人

買取をお勧めする人

  • 早く売りたい
  • 内密に売りたい
  • 面倒なのはいや
  • 手数料や経費はできるだけ抑えたい

一般的に買取には「安い」「叩かれる」という印象がありがちですが、実際には適正価格の中で価格を決定しますのでむしろメリットが多いといえるのです。

簡単・賢く売却できる大阪の専門会社5選詳しくはこちら
ページの先頭へ