不動産売却ガイド大阪編

大阪で不動産売却を検討するすべての人に

不動産売却ガイドTOP(大阪の不動産買取業者5選) » 大阪で不動産を売却した人の体験事例集

大阪で不動産を売却した人の体験事例集

事例から読み解く不動産売却のこと

実際に不動産売却をした人たちは、決してスムーズに売れたわけではありません。それにはいろいろなケースがあり、成功した人や失敗した人などさまざまです。

人生の中で不動産を売却するという体験はそう何度もするものではりありませんが、これはチャンスでもあり賭けでもあります。

そこでここでは不動産売却に失敗しないためにいくつかの事例を挙げてみました。あなたの今の状況に照らし合わせてぜひ参考にしてください。

エピソード1:言われた通りにして失敗した…

不動産を売却するために始めた業者選び。複数社から最初に選んだ会社で、買い手がつかず大失敗。売主の希望額と不動産会社の査定額に差が生じることで、なかなか売ることができない状態。そこで、新にお願いした顧客重視の会社で希望額以上で売ることができた事例を紹介します。

一般的に、不動産の売買という大きな取引は一生に一度あるかないかの経験でしょう。そのため、不動産を売却する際にも、初めてのことが多く、依頼した不動産会社の言いなりになってしまうことも少なくありません。

その中でも大きな失敗が、相場に合わせて希望の売却価格を下げたにも関わらずなかなか買手が付かないということです。

もちろん、周辺の相場を知ってそれに合わせた価格設定をすることも大切ですが、物件の価値を見出せずマニュアル通りに宣伝しても、購入希望者に魅力が伝わらずに契約まで至らないということも多いのです。

物件が売れるかどうかは、不動産会社の宣伝方法や販売活動の内容によっても変わってきます。売主が素人なのをいいことに、うまく言いくるめられて安い金額で売らないように、いくつかの不動産会社に相談して、実際にどんな宣伝や活動を行ってくれるのか確認してください。また、その業者を利用したことのある人の口コミや紹介なども参考にして、売主の希望を汲んでくれる不動産会社を探すようにしましょう。

エピソード2:わずか2ヶ月でマンションを売却!

マンションの売却は長くかかるのが一般的なのに、たった2ヶ月のスピード売却に成功!その秘訣は、不動産会社のアドバイスに基づいたちょっとした工夫。顧客の印象をよくして早期売却につないだ事例を紹介。

マンションを売却する場合には、不動産会社による宣伝なども重要なポイントですが、購入する人はネットや広告の情報だけで決めるわけではありません。実際に物件を見たり内覧に訪れたりして、気に入ってもらえることが欠かせないでしょう。

そういった時、まだ住んでいる状態の部屋をいかに印象良く見せるかがポイントになってきます。
たとえば、掃除をきちんとしておいてきれいに見せるのはもちろん、家具の配置やちょっとした飾りつけでも印象は大きく変わってきます。ネット上の写真でもそうですが、どんより曇った時の写真よりも天気のいい日に撮った写真のほうが明るくてきれいに見えますから、内覧の日も天気が良くて日当たりのよい時間帯を選んでもらうといいでしょう。

こういったことを不動産会社に言われて実践したからこそ、短期間でスピーディーに希望価格で売却することが可能になってきます。売主・買主両方の立場に立ってアドバイスしてくれる不動産会社を選びたいですね。

エピソード3:中古物件でも業者次第かな

築年数の古い中古物件でも、不動産業者の販売活動や適切なアドバイスで適正価格で売れることの示した事例を紹介。業者の担当者が、いかに自分の物件に力を入れてくれるか、プロとしての姿勢をチェックしましょう。

不動産会社によっては、売却したい物件の価値をしっかり見極めず、安い価格で売りに出そうとする人もいます。価格が安ければその分売れやすいかと思えばそうでもなく、きちんと力を入れて宣伝を行わないとなかなか買手がつかずに、さらに値が下がる可能性もあります。

購入する人もたくさんの物件を見て検討していますので、いくら価格が安くても写真の数が少なかったり有益な情報が得られなかったりすると、選択肢から外してしまうでしょう。 しかし、有能で親身になって協力してくれる不動産会社ならば、売却価格を相場より高くしても、その物件の価値を見出してしっかり購入希望者にアピールしてくれるので、金額を妥協することなく確実に売ることができるのです。

高く売れるかどうかは、不動産会社の力量によるところが大きいので、親身になって力を入れて売り出してくれる不動産会社を選ぶのが成功の秘訣です。

エピソード4:買取サービスを使えばよかった

新築買い替えのための売却だったが、その際の買取サービスを断ったばかりに売却に難航し、最終的には希望額よりかなり安く売らざるをえなかったという失敗の事例を紹介しています。

不動産を売却する際には、不動産会社に仲介してもらうほかに、直接業者に買い取ってもらう方法もあります。

この買取サービスは、実際に仲介で売却した時よりも価格が下がってしまうので、敬遠する人も少なくありません。確かに、希望の価格ですぐに買手がつけばそれが理想的です。 しかし、希望価格で売りに出しても買手がつかなければどんどん値は下がっていきますし、数年単位で売れないと建物自体の価値も下がってしまいます。マンションの買い替えなどの場合は、新居の購入にお金がかかりますので、なるべく早く売れてほしいという希望もあります。

どの段階で判断するのかが難しいところですが、何年も売れないままにしておくよりは、早めに買い取ってもらったほうが数百万円単位で高くなる場合もあります。仲介にこだわらず、どのくらいの価格で買い取ってもらえるのかを確認し、買取サービスも視野に入れてみることをおすすめします。

エピソード5:住環境も大切なのだと知った

築年数も経った狭い敷地の戸建て。早期売却しなければいけない状況の中で家の整理整頓や印象アップによるアピールだけでなく、周辺の住環境の良さが幸いしてわずか10日足らずで売却が決まった事例を紹介します。

木造の一軒家は古くなると補修の必要が出てきますし、古さを感じるとなかなか買手がつかないこともあります。そのため、どうしても査定金額も低めになってしまいますし、そもそも売れないという不安もあるでしょう。

しかし、住宅の価値はそれだけではなく、交通の便が良いことやスーパーなどに近くて生活しやすいという住環境も大きな要因になります。古い家でもきちんと掃除をして手入れしていれば劣化も少なく済みますので、実際に見た時に「思ったよりきれい」という印象を与えることができれば購入を決意しやすくなります。

古い家でも、住環境などのメリットを大々的に宣伝してくれる不動産会社なら、価格を下げることなく早めに売却することが可能になります。

エピソード6:失敗から一転、業者を変えてのマンション売買

最初は2人暮らしで住んでいたマンションでしたが、家族が増えていよいよ住みにくくなってしまった。

子供も3人いるので転校はなるべく避ける為に、長男が小学校入学するまでには新しいところへ引っ越したい。

そんな夢を叶えたエピソードをご紹介いたします。

その他の大阪で不動産を売却した人の体験事例

どこの地域でも不動産売却というのはスムーズにいかないものです。人生で1度あるかないかの不動産売却ですので、できれば失敗だけは避けたいもの。そもそも、不動産売却をした人の声というのはなかなか聞けるものではありません。ここでは、そんな不動産売却をした人の体験談というのをいくつかご紹介していますので、これからの参考にしてもらえればと思います。

簡単・賢く売却できる大阪の専門会社5選詳しくはこちら
ページの先頭へ